ダイエットでメタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドローム予防と対策法

ダイエットでメタボリックシンドローム対策

.

メタボリックシンドロームに効果的なダイエット

高血圧

ダイエットとひとくちに言っても、様々な対策法が生み出され、提唱されています。 一般的にダイエットとは、体重を減らす「減量」を意味していますが、 メタボリックシンドロームを予防・改善する対策法としてのダイエットは、食事や運動などで 生活習慣そのものを変化させる事にあります。基礎代謝を高めてより多くの内臓脂肪を 燃焼し、血液内から余分な脂肪を追い出して、高血圧・高血糖・高脂血症を予防 する必要があります。また、内臓脂肪は燃焼しやすい脂肪ではありますが、 だからと言って急激な結果を期待してはいけません。長期的にじっくり取り組むことで、 リバウンドしにくい体を作ることから、メタボリックシンドローム対策へとつながります。


ページのトップへ ▲

多様化するダイエット法

果物

メタボリックシンドロームになる人が急増するなか、炭水化物・たんぱく質・脂質の 摂取量を4:3:3にする事で栄養バランスを整える「ゾーンダイエット」や、雑穀を主食として 野菜や果物の摂取を中心とした「マクロビオティックダイエット」、「プチ断食」などが 新たな対策法として注目されています。 これらはメタボリックシンドロームの対策として行なっても効果が現れるでしょうが、 今まで普通の食生活を送っていた人が継続して行なう対策法としては、かなり難しいダイエット ではないでしょうか。普通の食事に少し手を加えるだけでメタボリックシンドローム対策となる おすすめのダイエット方法が「キャベツダイエット」です。


ページのトップへ ▲

キャベツダイエット

キャベツ

医師が自ら実践して成功した対策法です。通常の食事をする前に、生のキャベツ1/4個を摂るだけの 簡単なものですが、メタボリックシンドロームに悩む人には非常に効果的な対策です。 まず、食事の前にキャベツを摂ることで満腹感が得られ、自然に食事の量を減らす事ができます。 生のキャベツは苦手という方は、油を使わない調理法である「蒸し器」で蒸してから 食べても良いでしょう。味付けは塩や味噌などでも良いですが、量は適度に調節した方が、 より多くの効果を期待することができるでしょう。さらに、キャベツには多くの繊維質が含まれており、 糖分や脂肪分の吸収を遅らせて体外へ排出する働きがあるので、内臓脂肪の蓄積を防ぐ役割も果たしています。 また、キャベツには血糖値を下げる効果が期待できることから、メタボリックシンドロームの定義である高血糖を 予防する働きもあるので、メタボリックシンドロームの対策として効果的なダイエットと言えるでしょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.