メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドローム予防と対策法

メタボリックシンドロームの原因

.

内臓脂肪とメタボリックシンドローム

内臓

メタボリックシンドロームで最も大きな原因と言えば、内臓脂肪の付き過ぎであると言えます。内臓のあちこちに脂肪が付くことで内臓そのものの機能が衰えるだけでなく、やがてはメタボリックシンドロームの定義である高血糖・高脂血症・高血圧を引き起こします。つまり、内臓脂肪の蓄積こそが、メタボリックシンドロームの各症状を引き起こすスタート地点になっているという事です。そのため、原因である内臓脂肪を減らすように努力する事が、メタボリックシンドロームを予防する一番の対策であると言えます。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪を溜めやすい原因

運動不足

それでは、メタボリックシンドロームの最大原因である内臓脂肪は、どのようにして付き過ぎてしまうのでしょうか?考えられる原因としては、大きく分けて「脂肪分の多い食事の摂り過ぎ」、「運動不足」、「代謝の悪化」の3種類です。脂肪は生命活動に欠かせないエネルギーを生成したり、感染症や心疾患、うつ病などからも体を守る大切な栄養素です。しかし過剰に摂取してしまったり、運動不足や加齢により代謝がうまくいかず、エネルギーとして使われないことで体に蓄積されていくと、やがてはメタボリックシンドロームとなります。皮下脂肪と違って、内臓脂肪は臓器の働きに直接の影響を及ぼすため、動脈硬化や心筋梗塞など、命をおびやかす深刻な大病になりやすい症状です。メタボリックシンドロームを 予防するには、まずは自分の生活習慣を見直してみて、原因である内臓脂肪を溜め込むような行動をとっていないか、確かめてみるのも良いでしょう。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪を溜めやすい人は?

食事

内臓脂肪型肥満は、日頃から脂っこい食事を好んで食べていたり、慢性的な食べ過ぎ・飲み過ぎ、 あるいは必要以上に料理に砂糖を使いすぎるなどの「食生活」が原因であったり、代謝機能が落ちる 夜間を中心に生活していたり、冷え性のために血液の循環が悪く、代謝機能が弱っている、または 加齢などの「代謝異常」や、さらにデスクワークなどの座っている仕事がメインである、日頃から運動習慣が無いなどの「運動不足」が原因で起こります。いずれも内臓脂肪を溜めやすい行動であり、そのままメタボリックシンドロームへと進む可能性が高いので、それぞれの原因に合った対策法を考え、メタボリックシンドロームにならない生活を心がけましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.