誰でもできるメタボリックシンドローム改善法

メタボリックシンドローム予防と対策法

誰でもできるメタボリックシンドローム改善法

.

メタボリックシンドロームを改善するには

適度な運動

メタボリックシンドロームになってしまったら、様々な対策法で改善しなければいけません。 とは言っても、メタボリックシンドロームになったのち、命に関わるような重い症状に 進行していない限り、特別な治療や器具を必要とせず、日頃の食生活の見直しと適度な運動で メタボリックシンドロームを改善する事ができます。最大の原因とされている内臓脂肪は 燃焼しやすいタイプの脂肪ですし、余分な脂分が付きすぎても、元の大きさに戻ろうとする 力が強いので、生活を意識的に改めるだけでも大きく改善する事ができます。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪の蓄積を改善する

血管

メタボリックシンドロームの定義として、内臓脂肪型肥満であるほか、高血糖・高血圧・高脂血症の いずれか2つを患っている事が条件になっていますが、これらの症状はいわゆる「生活習慣病」であり、 内臓脂肪の蓄積から血管や血液にまで害が及んで起こってしまう症状です。生活習慣からくる 病なのであれば、やはり日頃の生活習慣を改善するだけで、メタボリックシンドロームに有効な 対策になります。内蔵型肥満は摂取カロリーを1日に1600キロカロリーに抑えて3食必ず摂り、 野菜や海藻類など、脂肪の燃焼や排出に有効な食物を積極的に食べればかなりの改善が期待できます。 ただし油抜きや炭水化物を摂らないといった方法は、かえって内臓脂肪の燃焼を鈍らせ、脂肪を付ける 手助けをして、メタボリックシンドロームを加速させてしまう事もあるので逆効果です。新陳代謝が悪く 脂肪の燃焼が悪い人は、ショウガなどの体を温める食材を摂ったり、簡単で定期的な運動を行なって 代謝率を高めるのも改善策のひとつです。


ページのトップへ ▲

高血糖・高血圧・高脂血症を改善する

血圧

メタボリックシンドロームの症状である高血糖は、血液中の糖分を減らすことが何よりの対策法です。 血糖値を下げる効果が期待できるタマネギなどの食材を積極的に摂ったり、筋肉を鍛えることで 血糖を積極的に取り込み、エネルギーに代える働きを高めるなどの方法があります。高血圧は やはり血圧を下げる事が重要なので、血管の壁を圧迫して血圧を上げている要因の 塩分を控えたり、圧力を押し返して正常に戻す作用のある紫のぶどうジュースなどを 摂ると予防効果が期待できます。高脂血症は体内の脂である中性脂肪や悪玉コレステロールの 増加によって起こるので、対策法としてはまずバランスの良い食事を摂り、さらに脂肪の燃焼を 助けるコーヒーを飲んだり、悪玉コレステロールのみを減らす効果のある青魚などを 摂ると良いでしょう。これらの対策法で最も大切な事は「長期的に続ける」事です。 脱メタボリックシンドロームを目指し、あきらめずに予防・対策していきましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.