簡単!メタボリックシンドローム撃退法

メタボリックシンドローム予防と対策法

簡単!メタボリックシンドローム撃退法

.

食事で簡単にメタボリックシンドロームを撃退

ストレス

内臓脂肪の蓄積は、「内臓脂肪」そのものや「中性脂肪」、「コレステロール」などの脂質が原因となります。 脂質はたんぱく質・糖質・ビタミン・ミネラルと並び、人間の生命維持には欠かせない 「5大栄養素」のひとつです。そして脂質は人間の細胞を作る役割を持ち、非常に重要ですが、 体内で生成するだけではなく食材からも吸収できるため、過剰に摂取するとメタボリックシンドローム を引き起こし、やがては脳梗塞や心臓発作などの要因となります。内臓脂肪を通常の状態に 戻し、メタボリックシンドロームを撃退するには、これら3種類の脂質を食生活などで減少させる事が 大切です。ただし、食事の量を無理に減らすような方法では辛く長続きしないので、 脂の多い食材の代わりに、効果的な食材を取り入れる事をおすすめします。ストレスも内臓脂肪を 溜め込む要因と言われているので、無理なく、簡単にメタボリックシンドロームを撃退したいものです。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪をメタボリックシンドロームから守る

牛乳

まずは「内臓脂肪」のメタボリックシンドローム撃退法です。内臓脂肪は元から内臓の周りに 存在する脂質ですが、余分な脂肪が付いてくると中性脂肪やコレステロールも増え、 最終的にメタボリックシンドロームとなります。そんな内臓脂肪の蓄積を撃退するには、 ブロッコリースプラウトが効果的です。スルフォラファンという成分がたくさん含まれており、 内臓脂肪の蓄積を抑制する効果が非常に高い食材として注目されています。また、カルシウムには 内臓脂肪を構成する脂肪細胞の増殖を防いで、メタボリックシンドロームを撃退する効果があります。 特に牛乳に含まれるカルシウムはその作用が高いので、カルシウムの吸収を促進させるビタミンDと 併せて摂ることで、さらに多くの撃退効果が期待できます。たとえば、ビタミンDが豊富な鮭と 牛乳を使ってミルクスープを作れば、メタボリックシンドローム撃退メニューになります。


ページのトップへ ▲

中性脂肪・コレステロールをメタボリックシンドロームから守る

大豆

次は「中性脂肪」のメタボリックシンドローム撃退法です。大根は中性脂肪を低下させ、体脂肪の 蓄積を抑制する作用が確認されています。大根の辛み成分であるイシチオシアネートに、 中性脂肪の元となる遊離脂肪酸の増加を防ぐ働きがあるのです。すりおろすとイシチオシアネートの 量が増すので、大根おろしが効果的です。また、食事の際の飲み物は緑茶を摂ると良いでしょう。 緑茶のカテキンには、中性脂肪を減らすばかりでなく、食事で摂取した脂肪分を必要以上に吸収しないよう、 ブロックする働きがあるので、さらにメタボリックシンドローム撃退法となります。 最後に「コレステロール」ですが、豆腐・豆乳・納豆・黒豆煮などの、「植物ステロール」を多く含む 大豆食品を摂ると良いでしょう。植物ステロールはコレステロールの吸収を抑えるだけでなく、 自身はしばらく体内に残る性質なので、長時間に渡って効果が発揮されます。 このような食材を普段の食事に加えて、無理のないメタボリックシンドローム撃退を目指しましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.