効果的なメタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドローム予防と対策法

効果的なメタボリックシンドローム対策

.

メタボリックシンドロームを意識する

チェック

メタボリックシンドロームは症状がかなり進行するまで、自覚症状の乏しい困った病気です。 特に内臓脂肪型肥満は外見だけですぐに判断できないので、少しでも思い当たる事があれば、自分はメタボリックシンドロームになっているのかな?という自覚を持ち、普段の生活でもチェックや対策を怠らないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

思い当たりますか?メタボリックシンドロームの兆候と対策

アルコール
  • 脂っこい食事を好んで食べる→完全に摂らないのではなく、油分を控えた食事を摂る
  • 満腹になるまで食べる→ゆっくりかんで食べ、満腹中枢が働くのを待つ
  • 間食を摂る→控えるか、洋菓子は3日に1度、和菓子は1日に1度少量摂る
  • 料理に砂糖をよく使う→昆布など旨み成分の多い食材を使う
  • 緑黄色野菜を食べない→積極的に摂るよう心がける
  • アイスクリームを好んで食べる→できるだけ控える
  • デスクワークが多く体を動かさない→階段を使う・ひと駅歩くなど、簡単な運動を心がける
  • 冷え性で代謝が悪い→唐辛子やショウガなど、体を温めるものをよく摂る
  • アルコールをよく飲む→できるだけ控える
  • タバコを吸う→できるだけ控える

このような対策を行なうだけでも、メタボリックシンドロームを回避することができるでしょう。


ページのトップへ ▲

運動でのメタボリックシンドローム対策

ストレッチ

運動はメタボリックシンドロームの対策法として、食事療法と同じくらい大切なものです。 適度な運動を途中でやめずに根気良く続けることで内臓脂肪が減るだけでなく、筋肉がつく事でもっと多くの脂肪が燃焼されたり、代謝も高まるので痩せやすい体を作ることができるたいへん有効な対策法なのです。だからと言ってやみくもに運動しても対策にはなりませんし、疲れてしまって後が続かないのでは意味がありません。メタボリックシンドローム対策法として有効な運動法は、脂肪燃焼に必要な酸素をたっぷり補給しながら行なう「有酸素運動」です。 手ごろで効果的な対策法と言えばウォーキングでしょう。しっかりストレッチをして体をほぐしたら、いつもは自力で歩かない場所を歩いてみましょう。エスカレーターを使わず階段にしたり、バスで行く場所をひと駅だけ歩いてみるなど、小さなことで大丈夫です。続けることでメタボリックシンドロームから遠ざかって行く事が実感できるでしょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.