食生活の改善でメタボリックシンドローム予防

メタボリックシンドローム予防と対策法

食生活の改善でメタボリックシンドローム予防

.

メタボリックシンドロームを予防する食事法

睡眠

普段の食生活とメタボリックシンドロームは深く関わっていますが、どのようにすれば メタボリックシンドロームを予防・改善できる食生活にできるでしょうか?そこで、食事の摂り方に 注目してみましょう。私たちの食生活は通常、朝・昼・晩と3回に分けて食事を摂る事で営まれています。 これはとても大切なことで、食事回数が減ってしまうと、それだけ体が栄養を欲するので、一度の食事で 状態を改善しようと、体が自動的に通常以上の栄養を吸収します。その結果、内臓脂肪が多く溜め込まれ、 メタボリックシンドロームの要因となるのです。また、寝る直前にものを食べると、眠っている間は 代謝機能もあまり働かず、摂取した栄養はそのまま脂肪として蓄積されてしまうので、予防・改善の ためにはできるだけ控えなければいけません。どうしてもお腹が空いて眠れない時は、脂肪細胞の増殖を 予防するカルシウムが豊富に含まれる牛乳を温めて飲むなどして、少しでもメタボリックシンドロームを 予防・改善する食生活を心がけましょう。


ページのトップへ ▲

食事で摂るべき3種の食材

体重

メタボリックシンドロームを予防・改善策する食生活の重要な注意点として、食べる量を大幅に 減らすのはやめましょう。それは予防・改善になるどころか逆効果です。食事の量が減ると体重は 減りますが、同時に脂肪をエネルギーに変える筋肉まで落ちてしまうので、やせにくい体になるばかりか、 通常の食生活に戻したときに、体の状態は改善されていないのに、栄養だけは大量に摂取される状態と なるので、リバウンドする可能性が高くなります。色々な食材をバランス良く摂り、特に「主食」、 「主菜」、「副菜」の3種を意識して毎食摂ることが、メタボリックシンドロームを予防・改善する 食生活と言えます。

  • 主食…おもに炭水化物です。エネルギーの元となるもので、ごはん・パン・麺類などが相当します。
  • 主菜…おもにタンパク質です。筋肉の元となるもので、肉や魚、卵などが相当します。
  • 副菜…おもにビタミン・ミネラル類です。体調を整えるもので、野菜や海藻類などが相当します。

ページのトップへ ▲

食事での注意点

めん類

細かな事ですが、食生活において炭水化物を抜くのは逆効果になるためいけませんが、めん類は炭水化物 のなかでも消化が早いので腹持ちが悪く、満腹感を得にくいので、メタボリックシンドローム予防・改善の 食生活には不向きです。他にも、内臓脂肪の蓄積を予防するカルシウムは、単体では吸収されにくい 成分なので、促進効果のあるビタミンDを含むものと併せて摂ることで効果が増します。 こういった事を頭の片隅に置きながら、少しでもメタボリックシンドロームを予防・改善する 食生活を送るようにしましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.