メタボリックシンドロームのセルフチェック法

メタボリックシンドローム予防と対策法

メタボリックシンドロームのセルフチェック法

.

あなたはどれだけあてはまる?メタボリックシンドロームチェック

砂糖

自覚症状が無い事が特徴である生活習慣病は、早期発見するのがなかなか難しい症状です。 メタボリックシンドロームも例外ではなく、普段から自己意識を高めてセルフチェックを行なう事が メタボリックシンドロームの予防・対策につながっていきます。まずは簡単なセルフチェックから 行なってみましょう。以下の項目にいくつも当てはまる人は要注意です。

  • 脂っこい食事が好き・緑黄色野菜はあまり食べない・食事に砂糖を使う事が多い
  • 間食するくせがある・アイスクリームを好んで食べる・食事は満足するまで食べる
  • 夜食を食べる習慣がある・食事は3食摂らない・アルコールをよく飲む
  • 煙草を吸う・冷え性である・ストレスが溜まりやすい・あるいは溜まっていると感じる
  • 運動不足である・座ったりして体を動かさない時間が多い・体重は変わらないのにお腹だけ出ている
  • 下半身太りが気になりだした・二の腕や足に急激に脂肪が付いてきた

これらのセルフチェック項目からもわかるように、メタボリックシンドロームは食生活・代謝・ 運動・ストレスなど、日常生活に大きく関わっている事が原因となります。


ページのトップへ ▲

数値でわかるセルフチェック

血圧計

自宅で行なえるメタボリックシンドロームのセルフチェック法には、数値ではっきりと 現せるものがあります。決め手になるのは腹囲のセルフチェック測定ですが、ほかにも以下の様な 測定があります。体脂肪計や血圧計が必要ですが、まずはこういったもので メタボリックシンドロームをセルフチェックしてみるのも良いでしょう。

  • BMI…肥満度の指標です。体重を身長で2回割った数値を指します。値が25以上の 人は肥満と判断されますが、25以下でも腹囲が基準を超えていた場合、メタボリックシンドロームの 疑いがあります。
  • 体脂肪率…男性15〜25%、女性20〜30%を超えると、内臓脂肪過多のおそれがあります。
  • 血圧…メタボリックシンドロームの基準では、家庭で測った際に130/80mmHg以上であると 注意が必要になります。

ページのトップへ ▲

メタボリックシンドロームの様々な診断方法

キット

自宅でも簡単にセルフチェックが行なえるメタボリックシンドロームですが、 中には医師の診断ではっきりとさせたい人もいるでしょう。そうする事で実際に メタボリックシンドロームだったとしても、医師と相談の上で正しい対策法が行なえるので、 最も的確な判断であると言えます。しかし、行く時間や費用がかかるので頻繁に行ける 人が多くないのも事実です。最近では新たなセルフチェック法として、自宅に送られてくる キットで採血を行い、送り返すことで専門機関が診断し、結果を再び郵送してもらえる セルフチェック用の「メタボリックシンドローム判定キット」なども販売されています。 自分の状況に合ったセルフチェック法を選択してみましょう。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.