メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドローム予防と対策法

メタボリックシンドロームの診断基準

.

メタボリックシンドロームの診断基準

高血圧

メタボリックシンドロームの診断基準は、まず定義である内臓脂肪型肥満であることや、 高血糖・高血圧・高脂血症のいずれか2種を患っていることなどからメタボリックシンドロームであると 判断します。また、数値で言えばウエストサイズが男性85cm以上、女性90p以上であることや、 血圧が上130mmHg以上、下85mmHg以上であること、血糖値が110mg/dl以上であること、 中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満であることなども診断基準となります。 ただしこの診断基準はあくまで成人の男女を対象としたものであり、現在は脂っこい食事を摂ることが 多い子供にも、メタボリックシンドロームは忍び寄っています。そして、子供における メタボリックシンドロームの診断基準は成人のそれとは異なるので、注意が必要です。


ページのトップへ ▲

メタボリックシンドロームと生活習慣病

ウエスト

日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準は、2005年に初めて制定されました。 高血圧や高血糖からなる糖尿病などは、日本でもかかる人が多いため認知度のある症状でしたが、 これらの生活習慣病のスタート地点が内蔵型肥満であるメタボリックシンドロームであり、 改善する事で多くの生活習慣病も完治できる事が、最近になって認知され始めたのです。 しかしそこまで判っていても、メタボリックシンドロームは自覚症状に乏しいという特徴があります。 外見上は太っていても、皮下脂肪型肥満と見誤ることもありますし、体の内部に至っては、 症状がだいぶ進行するまで気付きにくいのです。現在の医療におけるメタボリックシンドロームの 診断は、ウエストサイズの測定が最初の診断基準となります。測ってみて、診断基準のサイズまたは それを超えていたらCTスキャンで内臓脂肪を見たり、血圧を測るなどして細かい数値を計出していきます。 個人では診断基準がわかりにくいのが現状ですが、例えば「体重は変わらないのに腹囲だけ出っぱってきた」 「脂っこい食事ばかり食べている気がする」など、少しでも思い当たる事があれば、 食生活の見直しや軽い運動を継続的に行なったり、面倒くさがらずに医師の診断を受けてみる事も、 メタボリックシンドロームの早期発見・対策につながります。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪と部分太りに注意

二の腕

メタボリックシンドロームの診断基準となる内臓脂肪は、それ自体は脂肪が付きすぎていない 正常な状態であれば、善玉物質のアディポネクチンを多く分泌し、代謝の正常化や 動脈硬化を予防して健康増進につながる良い結果をもたらします。ところが脂肪が付きすぎると 悪玉物質を分泌して高血糖・高血圧・高脂血症を招いてしまうのです。内臓脂肪の付きすぎは、 見た目では主に腹囲に現れます。メタボリックシンドロームの診断基準にウエストサイズが 含まれているのもそのためです。ただし、メタボリックシンドロームにかかっている人の大半が、 糖類や脂質など、特定の栄養素ばかり摂っている事による「部分太り」現象が起きています。 自分はお腹が出てないから大丈夫だと安心せず、特に最近になって二の腕や足に脂肪が付いたと 感じる人は、注意が必要です。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.