小児メタボリックシンドロームと診断基準

メタボリックシンドローム予防と対策法

小児メタボリックシンドロームと診断基準

.

子供とメタボリックシンドローム

体型

今、大人達が健康の話で一番話題にしている話といえばやっぱりメタボリックシンドロームですよね。日本では40歳以上の人たちの中でメタボリックシンドロームかもしれないと思われている人たちはなんと全国で1000万人近くいるのです。特にメタボリックシンドロームというのは中年の男性に多い病気となっており、一般の中年男性の中でメタボリックシンドロームになっている人は大体5人に1人程度はいると言われています。


中年の男性ですと、多少太り気味で大柄な体型だとしても「貫禄が出る」や「風格があるように思う」などと言う事勝手な診断基準で自身のメタボリックシンドロームなボディスタイルをあまり悪く思わない男性が多いのですが、これが子供だとメタボリックシンドロームを軽々しく思うわけにはいかなくなってきます。


ページのトップへ ▲

子供もメタリックシンドロームになるの?

子供

少し太った子供というのは、なんとなく健康的で元気はつらつといったイメージがあるせいか子供の肥満についてそんなに悪いイメージを持たない大人が多いと思います。「子供なんだから多少メタボリックシンドロームとなっていても大丈夫」という大人とは別の診断基準で考えがちですが、小児メタボリックシンドロームという病気は子供でも危険な病気というのは変わらず、子供でも小児メタボリックシンドロームをほおっておくと将来的には心臓病などの大変危険な命に関わる病気につながってしまいます。


必ずしもそうなるとは限らないと言われていますが、近年研究された診断基準では子供のときの肥満というものは大人になってからの肥満に強く関連があるとされています。ですので、子供の頃からもきちんとした小児メタボリックシンドロームへの対策が必要となります。


ページのトップへ ▲

小児メタボリックシンドロームの診断基準とは

血圧

大人と違い、子供の小児メタボリックシンドロームは診断基準が難しいと考える人が多いですが小児メタボリックシンドロームも大人と同様に内臓脂肪の蓄積やその内臓脂肪の蓄積から分泌される様々な分泌物、血圧の数値や資質代謝異常などが小児メタボリックシンドロームかどうかの診断する診断基準となっています。一般的な小児メタボリックシンドロームの診断基準は下記のような判断基準となっています。 内臓脂肪の蓄積状況がおへその位置でのウエストの周囲が80cm以上であること。 空腹の時の血糖値の状況が100mg/dL以上であること。 中性脂肪の状況が150mg/dL以上であること。 それにくわえてコレステロールの値が40mg/dLよりも少ない値である事。 などのいくつかのきちんとした診断基準があります。これにより子供も大人と同じように小児メタボリックシンドロームはきちんとした診断基準で検査をする事が出来るようになっています。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.