生活習慣病とメタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム予防と対策法

生活習慣病とメタボリックシンドローム

.

生活習慣病とメタボリックシンドローム

雑誌

メタボリックシンドロームによって多くの世代の人の注目を浴びる存在になった生活習慣病ですが、以前は成人病と呼ばれていまして、成人と呼ばれる大人になった人たちのみがなる病気であると長い間考えられてきたことによる呼び名だったのです。


ですが、メタボリックシンドロームという成人病の枠を超えた病気である生活習慣病の存在を雑誌やテレビなどの様々なメディアが取り上げるようになってからは成人だけがなる病気ではない事が多くの人たちに知れ渡り、成人病という呼び名では収まらなくなった事から為に「生活習慣病」という病気の名前が広く使われ、今ではメタボリックシンドロームなどは生活習慣病という病気の呼び名のほうが一般的となっています。


ページのトップへ ▲

メタボリックシンドロームと病気の関係

肥満

メタボリックシンドロームはただ単に肥満であるというように見えてしまうことから多くの人はこのメタボリックシンドロームを病気と考えず、「まぁ、ちょっと太っているだけ」などととても軽く考えてしまっています。


ですがこのメタボリックシンドロームという生活習慣病はれっきとした病気であり、またメタボリックシンドロームを含む様々な生活習慣病になる原因も不規則な食生活や生活のリズムによる運動不足、さらには喫煙などの外的要因などのさまざまな生活習慣の乱れから引き起こされてしまうので一般的な病気よりもきちんとした方法でケアをしなければならない重要な病気なのです。


ページのトップへ ▲

メタボリックシンドロームと合併症

薬

メタボリックシンドロームという生活習慣病がなぜこれほどまでに注意を促されている病気かと言いますと、この病気は他の病気と比べても数多くの合併症を引き起こす原因になりやすいと言う事から数多くの病気の中でも注目を集めている病気、それがメタボリックシンドロームなのです。


そのメタボリックシンドロームがどのような合併症を引き起こすのでしょうか。それはメタボリックというだけあって「肥満」が原因になる病気が多いように思われます。肥満による病気は数多くありますが、メタボリックシンドロームによる合併症の多くは高血圧と高脂血症などが多いと言われています。高血圧のほとんどは本態製高血圧症という名前で呼ばれている病気なのですがこの本態制高血圧症になってしまいますと日本の主な医療機関などでは降圧剤という薬を使い、血圧を下げる方法が一般的とされています。ですがこの病気はとても危険な生活習慣病のひとつなのでまずは食生活を見直してみたり運動不足を解消するなどというメタボリックシンドロームにならない環境作りがとても大切な方法と考えられています。


ページのトップへ ▲

イマーク

| ホーム | メタボリックシンドロームとは(定義) | 内臓脂肪の原因 | 内臓脂肪の予防方法 | 誰でもできる改善法 | 効果的な内臓脂肪対策 | メタボリックシンドロームの治療法 | 食事療法で内臓脂肪予防 | 食生活の改善で予防 | 運動療法で内臓脂肪の予防 | ダイエットでメタボリックシンドローム対策 | 簡単!メタボリック症候群撃退法 | メタボリック症候群の診断基準 | セルフチェック法 | 腹囲測定方法 | 生活習慣病 | 脳梗塞 | 内臓脂肪 | 糖尿病 | 小児メタボリックシンドロームと診断基準 | 子供のメタボリックシンドローム |

Copyright (C) メタボリックシンドローム予防と対策法 All Rights Reserved.